YASHA

こちらは吉田秋生先生の作品です。

この方は、本当に名作といわれる作品を、世に送り出していますよね。

有名なところで言えば、「カルフォルニア物語」「バナナフィッシュ」や「吉祥天女」なんかも有名ですね。今回の「YASHA」は、先に挙げた三つに比べると、比較的最近の作品といえるでしょう。

 

ストーリーはサイエンスミステリーのジャンルにはいるのだと思います。

ちょこちょこ見どころなどを書きたいのですが、この作品が、驚く程、上手く書けていて、いくつも伏線を生み出しながら、話を展開させつづけてゆくんですが、終盤に従って、きれいに伏線を回収してゆくんですよ。

 

そのテンポが本当に「上手い」

例えて言うのならば、全く、つなぎ目が見つけられない寄せ木細工とでもいうのでしょうか。水に流されるように話が進み、ある程度の所までゆくと、進みながら、均等に伏線が溶けるように消えてゆくんですよ。

 

しばしば色々な作品で見られる、伏線を回収しよとした段階での突飛さというか、強引さというのが無いんですよね。主人公の心の動きや、それに伴う登場人物のリアクションの中で、しぜんと伏線が回収されてゆくんです。この技術は、現在、ストーリーテラーを目指す人も、一度、読んでおいた方が良いかもしれないなと、素直に感じました。

 

話が少し脱線してしまいましたが、上に書いたように、この物語のパーツが綺麗に連動しているので、ある場面の面白さを語ろうとすると、どうしても、他のストーリに触れなければならなくなる場合がでてきてしまうので、そんな事を繰り返していると、単なるネタバレサイトになりそうな気がして、ちょっと不安になってしまいます。

 

仕方がないので、これから読みたいという人の楽しみを奪わない範囲でご紹介してゆきたいと思います。

 

主人公の静は、沖縄で母親と二人で暮らす小学生です。静は、数か月に一度、定期的に病院で検査を受け、病気が発症したりしていないかを確認します。そして、健康体である事が分かると、そのまま沖縄に帰ってしまいます。

 

そして、島でお祭りがあった日、静の父親を思しき人間が島を訪れ、静を奪い返そうとします。もみ合うなかで、母が命を落とすことになり、結局、静は沖縄から出てゆく事になります。

 

それから数年後、静は、東京で、沖縄での幼馴染の十市に再会します。その時、静は18歳にして天才科学者となり、産業スパイから身柄を狙われ、ボディガードをつけられるような立場になっていました。静が日本に来たのも、所属している製薬会社から、日本の大学の研究所と業務提携として、研究の協力をするためというのが目的でした。

 

話が進むうちに、静は自分の生まれた背景を知り、大きな陰謀に巻き込まれてゆく事になります。そんな経緯の中で、悪性ウィルスが広まり、日本がスラム化してしまったりしてしまいます。そんな状況の中で、静は、どうやって、自分と友たちの命を守るのか…。

 

大事な所を省いて、大筋だけ話したので、かなり「とんでも話」に聞こえるんですけど、これが読んでみると、それぞれの設定のディテイルが綿密に組まれていて、登場人物の心の機微も細かく、さらに、本当に伏線が張られまくているので、ちょっと現実離れしたような設定でも、「ああ、あれはこういう意味だったのか」と納得できてしまうので、そのまま受け入れて引き込まれちゃうんですよね。さらに、最後が、本当に、きれいにまとめられているので、長い作品でも、読後感が凄くいいんですよ。

 

短編を書く場合は、計算して纏めるというのは、ある程度の技術があれば、そこそこ出来ると思うんですよ。短い分、設定が甘くても、読んでいる人が疑問を持つ前に物語が終わってしまったりもしますしね。

 

逆に、長編なんかを書く時は、人によってはダラダラを書き続けて、最後をまとめて終わらせちゃえば、読者からしたら、最初の方を、よく思い出せなくて、そのまま読了して、最後のシーンが気に入れば「良」となるなんて場合もあると思うんですよ。

 

でも、長編に耐えうる設定を作って、短編なみに登場人物を動かし、さらに、幾重にも散りばめられた伏線を、そつなく回収して、物語に破綻を起こさずに終結させるというのは、相当な技術と根気がなければ、できない事なんじゃないかなと思うんですよ。

 

同じ大風呂敷を広げても、単なる「ベタベタとんでも話」になるか「名作」になるかどうかの境目は、ストーリーテラーの腕と根気なのだなと思い知らされる作品です。興味のある方は、私が書いた「とんでも粗筋」が、作品になった時に、どれだけパワーにある「名作」になるのかを、是非、その目で確かめてください。


さらに、付け加えると、この作品に一環して流れているテーマの一つが、美青年に対する耽美のような気がします。


「YASHA」に限らず、また、対象が異性同性に関わらず、吉田秋生さんの作品は読んでいると、「人が誰かの美しさに惹かれていく」という現象を大事にしている気がします。たまに、他の漫画では「外見よりも中身を重視して云云かんぬん」なんて内容が書かれている事はありますが、吉田秋生先生の作品に関しては、そんな事はどこ吹く風、「美しくなければ、生きている意味なんかないんだ」という、名作「ハ〇ルの動く〇」のハウ〇の名セリフのような勢いで、登場人物の美しさを全面に押し出してきます。


考えてみれば、吉田秋生先生が特に活躍されていた頃は、確か、魔夜峰雄先生や山岸涼子先生の「日出ずる所の天使」なんかも連載されていたような気がします。(私のあやふやな記憶による認識です。ずれていたらごめんなさい)当時は、ボーイズラブという言葉こそありませんでしたが、その勢いは現在のボーイズラブに繋がる、まさに、BL黎明期といえる頃なのかもしれません。


そんな時代も関係しているのか、吉田秋生先生の個人的な好みなのか、作品のそこらかしこに美しい青年に対する溢れんばかりの愛情を感じます。作品を読んでいて、この人は、本当に、綺麗な男の子が好きなのだなと納得させられてしまいます。その辺に注目して見てみるのも、楽しいかもしれませんね。

 

最後に吉田秋生先生の絵の事なんですが、個人的に、どうしても疑問を感じてしまう事があって…。初期の作品「カルフォルニア物語」と、今回、ご紹介した「YASHA」なんですけれど、絵柄が変わりすぎなんですよね。

 

 

いや、もう、上達したとかそういうレベルじゃなくて、ほとんど別物みたいな変わり方です。「この期間に何があったんですか?吉田さん!」と聞いてみたい欲求にかられますが、「まぁ、日々成長してるって事なんだろうな」と一人納得して、矛を収めるついこのごろです。

 

 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

manga2525

Author:manga2525
漫画、映画、アニメ、ドラマ大好きです。
すっかりメディアにはまり、きっと、その筋の業界の方には、
私はなかなか良いお客さんなのだと思います。
でも、いいんです。よくよく分かっている事ですので、…というわけで、一人でテレビや本みてほくそ笑んでいるのもなんなので、人前で語ってみようと思い始めたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR