なのはな

こちらも萩尾望都先生の作品です。

内容は、東日本震災、おもに福島原発をテーマにした短編集となります。収録されている短編は、全てファンタジーです。いや、ファンタジーというよりも、寓話と言ってよいかもしれません。

 

収録されている短編は、全部で6

●なのはな

●プルート夫人

●雨の夜―ウラノス伯爵―

●サロメ20XX

●なのはなー(「幻想」銀河鉄道の夜)

●福島ドライブ

となっています。

 

「なのはな」

コミックスのタイトルにもなっている「なのはな」です。他にも、もう一遍、「なのはな」というタイトルの作品があります。内容の違いとしては、現代を舞台とした漫画で、セリフのやり取りのある通常の形式で書かれている物を「なのはな」と名付けているように思えます。

主人公は、東日本震災後の福島県に住む小学生の女の子、ナホちゃんです。ナホちゃんは、震災の津波でお祖母ちゃんを失っています。

 

ナホちゃん家族は生き残り、今までとは違う場所に住んでいますが、お爺ちゃんは、お祖母ちゃんの死を受け入れる事が出来ず。未だに、お祖母ちゃんの帰りを待っています。

 

しかし、お爺ちゃんだけではなく、誰もがお祖母ちゃんが死んだ事を受け入れられず、大切な人が突然消えてしまった空虚感を胸の中で押し殺しながら、毎日を暮らしていました。

 

そんな中、ナホちゃんは不思議な夢を繰り返し見るようになりました。

夢の中のナホは、チェルノブイリにいて、死んだはずのお祖母ちゃんを必死に助けようとしています。そして、そこにはお祖母ちゃん以外にも、見知らぬ女の子が、人形を抱いて立っていました。

 

ある日、お祖母ちゃんのお友達の藤川さんが遊びに来てくれました。そこでお祖母ちゃんがチェルノブイリ原発の被害を受けたウクライナの子供達に、人形を作ってあげていた事を知ります。人形を渡された子供達の写真を見せてもらい、ナホちゃんは驚きました。そこには、夢で見た女の子が写っており、女の子が持っていた人形も写っていたからです。そして、ナホちゃんは、夢の中で女の子と話をします…。

 

「プルート夫人」

近世ヨーロッパの法廷。居並ぶ紳士淑女、知識人たち。彼等は、ある者の真偽を確かめる為に集められた。彼女の名は「プルート夫人」その眼差しを向けられた者は恋に落ち、声を聴いた者は夜も眠れない。

 

絶対の力、絶世の美貌、彼女は世界中の人間に富みを与え、世界中の人間に永遠の喜びを遣わす。「真偽」を問うという法廷の役割も忘れ、居並ぶ人々は、プルート夫人の魅力に酔いしれ、われ先に彼女の恩恵を受けようと走り寄る。

 

やがて、法廷でプルートの影響力(核廃棄物の放射線)が消えるまでに10万年以上かかるという情報が現れ、法廷内の人間がどよめきだつ。しかし、彼女の恩恵を諦められず、迷っている間に人間たちの体が、放射線の影響で崩れ腐ってゆく。

 

「雨の夜―ウラノス伯爵―」

何処かで開催されたセレブたちのサロン。新しい客が招かれる。彼の名前はウラノス伯爵。彼がサロンを訪れる事を知り、一人のお客が叫びだす。「私はいや」「かれにあいたくない」すると、他の客が「いずれは、会わなければならないんでしょう?」と言う。参加者の期待と不安の入り混じる中、最後の客人、ウラノス伯爵が部屋の扉を開ける。

 

ウラノス伯爵を歓迎する者、毛嫌いする者、抹殺しようとする者。同じ部屋に集った人々は、ウラノス伯爵に、各々、違った感情を抱く。しかし、共通している点は、誰もが彼を見過ごす事はできない。皆が彼の魅力に惹きつけられる。特に彼の富をもたらす力は絶大で、だれしもが彼と付き合う事のリスクを忘れてしまう程だった。

 

豊かな生活とそれを得る事のリスクを目の当たりにしながらも、豊かさを捨てようとする者もいれば、いずれ来るリスクの回収を忘れようとする者、考える事を辞めてしまう者、放射能という夢の力を目の前に戸惑いながらも、結局は、何も決められず、今までの生活を繰り返す事しかできない人間の性を描いた短編です。

 

「サロメ20XX年」

新約聖書をオスカー=ワイルドが戯曲化した有名な作品「サロメ」ですが、それを舞台を現代のナイトクラブ、サロメをナイトクラブで働くショーガールとして表現。上の二つの物語と同じ、核反応物質の擬人化ですが、面白さと軽い寒気を感じる良い作品です。

「なのはな(「幻想」銀河鉄道の夜)」

現代版では福島県の話が多い、作品集では珍しく岩手県のお話です。

津波と震災で祖母を亡くした女の子が、夢の中で乗った銀河鉄道で祖母と再会。逝く者と残された者との命のリレーを思わせる作品です。

 

「福島ドライブ」

セリフはありません。甲斐よしひろさんの「立川ドライブ」の歌詞とともに、絵だけの駒が続きます。これをどう捉えるかは、読んだ人によると思いますが、私は、被災地に住んでいる方々だけではなく、被災地を故郷として都会で頑張っている人たちの、故郷の惨状を知った悲しさや孤独感、故郷が消えてしまう事への恐れのような物を感じました。他の方々は、どのように感じられるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

大きな災害に見舞われると、人は、その意味を考えます。何故、こんな目にあったのか、私達の何が間違っていたのか、そして、これから私達はどう生きるべきなのか。恐らく、それらの答えは、その時代に生きた人の数だけあるのだと思います

 

しかし、そうした記憶も、いつかは風化します。直接の被害者でもなければ、毎日、耳に入るニュースの数々に、その時、考えた事や、過去の痛みなどは、ゆっくりと薄らいでいってしまいます。

 

記憶が薄らぐ事自体は、けっして悪い事ではありません。むしろ、健康的な事だと言ってもいいかもしれません。しかし、生きていれば、どうしても、忘れてはいけない事、忘れたくない事というものはでてきます。そんな時、忘れない工夫が必要になってくるのです。

 

歴史の年表で後世に伝えられる事に限りがあります。その時、その場で生きていた人が何を考えていたのか、未来にどんな不安を抱いていたのかという事までも、伝える事は難しいかもしれません。そんな場合に、人間が生み出した忘れない工夫の一つが「寓話」なのかもしれません。

 

いつか、遥か未来、全ての記録が消え、人々が具体的な事実を忘れた頃になっても、誰かが、この本を読んで、便利さと引き換えに、人は何を失ってゆくのか。生きてゆく為に「便利である事」と「必要な事」そして「失ってはならない事」が、それぞれ何なのかといった事を、再び、考える事ができれば素晴らしい事だと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

manga2525

Author:manga2525
漫画、映画、アニメ、ドラマ大好きです。
すっかりメディアにはまり、きっと、その筋の業界の方には、
私はなかなか良いお客さんなのだと思います。
でも、いいんです。よくよく分かっている事ですので、…というわけで、一人でテレビや本みてほくそ笑んでいるのもなんなので、人前で語ってみようと思い始めたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR